うつ病ニート うつを脱却し、億万長者になる!?

このブログは、うつでニートな中年男性が、億万長者に弟子入りして、億万長者を目指すドキュメントです。うつ病減薬・断薬記も記載。

最近の心境報告

 

 

どうも、シュンクボです。本日もご覧

くださり、ありがとうございます!

 

モーツァルトベートーヴェンについ

てたまに考えます。モーツァルトとベ

ートーヴェンは師弟関係にあり、互い

の音楽を認め合っていました。モーツ

ァルトなしに、ベートーヴェンの音楽

は成立しえなかったのかもしれません。

 

ですが、両者には決定的な違いもあり

ます。

 

それは、作曲のやり方です。

 

近代クラシック音楽を確立させたのは、

ベートーヴェンだと言われています。

ベートーヴェン以後に生まれた作曲家

は、必然的にベートーヴェンを強く意

識して作曲せざるを得ませんでした。

クラシック界で有名な神話に、「ベー

トーヴェンの呪い」なんてのがありま

す。交響曲第10番を書こうとすると死

んでしまう、なんてジンクスです。

 

ベートーベンの第9があまりにも偉大

で、以後の交響曲のあり方を規定して

しまったために、10番以降のシンフォ

ニーを書こうとした作曲家の多くは、

書けなくなったり、死んでしまったり

なんて事態になりました。

 

ただ、これは都市伝説や迷信の暗示の

効果もあるかもしれませんが、それ以

上に、ベートーベンが確立した作曲方

法が影響を及ぼしているのではないか

と思います。

 

ベートーベンの作曲(執筆)した楽譜の

原稿には、たくさんの修正の痕跡がある

そうです。自宅の部屋に閉じこもり、机

に前かがみになって、頭を抱え、悶々と

しながら五線紙に音符を書いたかと思う

と、すぐにその音符をインクでかき消し

てまた考え込む、という姿が思い浮かび

ます。

 

作曲に対してストイックに挑む姿は、ま

さに彼自身の作曲した重苦しい弦楽四重

奏やピアノソナタによって象徴されてい

ます。

 

肖像画もそうですね。実際はあんな顔じ

ゃなかったという話なんですけど、時代

や世の中のクラシック好きが求めている

芸術家のイメージが、ベートーベンの肖

像画に体現されている気がします。

 

みけんに皺の寄ったような深刻な表情。

まさに運命の苛酷さを一身に背負ってい

るかのような鋭い目つき・・・。

 

ベートーヴェン以後のクラシックは、

即興ではなく、楽譜と言うテキストに

厳密に従って演奏されなければならな

い、というスタイルや流れになりまし

た。

 

もちろん、指揮者がその楽譜をどう解

釈して演奏するか、という自由はあり

ますが、彼以前の作曲家に比べると、

だいぶ厳格です。まるで、ベートーベ

ンという名の唯一神にこうべをたれ、

ひざまずいて、場合によっては天罰も

受けよ、と言わんばかりです。

 

楽譜というテキストに忠実に従わなけ

ればならないという、音楽のテキスト

中心主義は、実は、19世紀と20世紀の

芸術のあり方と根本的に関係していま

す。

 

16世紀の芸術ルネサンスから、19世紀

初頭まで続いた古典主義の時代までは、

芸術・科学・政治・宗教・世俗社会等

が、わりとボーダーレスなところがあ

りました。レオナルドダヴィンチは絵

画の分野に科学の思考を取り入れたり、

服飾デザインをやったり、機械工学や

都市計画に関するアイデアなんかも手

紙や草稿に記されています。

文豪ゲーテは詩や小説以外にも、自然

科学の著作をたくさん書いたり、共和

国の宰相(今でいう首相)をやったりと、

なかなかマルチに活動していました。

 

ですが、こうした天才たちが芸術や社会

の土台、つまり、一本の樹木に例えれば、

根と幹を形成すると、今度は、枝を広げ

ていく必要があります。

 

ベートーヴェンは、枝を広げる役割を芸

術業界で担った人です。

 

ベートーベンという大枝をもとに、小さ

な枝が、文字通り枝分かれしていきます。

 

小さな枝・・・それは本当に小さな小さ

なか弱い、か細い、繊細な枝です。ちょ

っとしたことでポキッと折れてしまいか

ねないような・・・。

 

ですが・・・そんな繊細な枝の先に、美

しい花は咲くのです。例えばサクラは、

サクラの花がなければ、サクラとして認

知されることはありません。コブクロも、

いきものがかりも、もしサクラの花を美

しいと感じなければ、サクラの歌は作ら

なかったでしょうし・・・。

 

文化という豊かさを表現するには、花が

絶対に必要なのです。だから、ベートー

ヴェンが悶々としながら自室にこもり、

艱難辛苦の果てに第9を仕上げるという

、閉鎖的で自己完結したプロセスは、自

然が求める流れでもあったわけです。

 

けれど、サクラにしても、やがては花を

散らしますし、冬を迎えると、葉っぱも

落ちます。冬のサイクルに入ると、次の

春に向けて、樹木は、再び根や幹にエネ

ルギーをたくわえるのです。

 

21世紀の芸術は、根や幹を意識すること

が求められている。

 

つまり、

《原点回帰するというやり方で、芸術の

「華」を咲かせていくことが求めれれて

いる》

 

そんな気がします。

 

本日はこのへんで。

本日もご覧くださり、ありがとうござい

ました!

 

シュンシュン(^^♪