読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病ニート うつを脱却し、億万長者になる!?

このブログは、うつでニートな中年男性が、億万長者に弟子入りして、億万長者を目指すドキュメントです。うつ病減薬・断薬記も記載。

来年の目標

 

 

どうも、シュンクボです。本日もご覧

くださりありがとうございます!!

 

僕は今年の初めに、満を持して応募し

た小説が落選しました。三次選考とか、

そういうところまで進めたのならまだ

しも、一次選考すら突破できず、文学

青年に非常にありがちな挫折を味わい

ました(笑)。

 

一次選考すら突破できなかった原因は

数え上げればいろいろあるんでしょう

けど、一つ言えるのは、「満を持して」

応募しようとしたことでしょうか。

 

全ての準備と心構えがそろい、小説を

応募してもよいと完全に納得したら応

募する、という考えでいたのですけど、

これは明らかにデビューできない考え

でした。

 

霊能者の坂田さんも、新人賞の要項に

目を通して、パッと目に付いた賞の締

切日に間に合わせて書きなさい、的な

ことを言ってました。

 

億万長者さんも、「準備が完全に整う

のを待っていたら、いつまでたっても

チャンスは熟さない」と最後のコーチ

ングで言っていました。

 

去年教えを乞うていた二人の指導者が

同じようなことをいうからには、前回

とは大きくやり方を変えていく必要が

あると感じるに至りました。

 

具体的には、小説完成までの時間に明

確な区切りを課す、です。

 

物事を大きく推し進めていくためには、

タイムスケジュールを可能な限りタイ

トにする必要があると思っています。

 

ただ、1ヶ月~3ケ月といった短期間

では、少なくとも今の僕の実力では、

ちょいと無理があるかもしれません。

なので、小説完成および出版決定まで

の時間を、来年1年に区切りたいと思

います。

 

つまり、来年の目標は、

①小説を完成させる。

②それをどこかの出版社の編集者に評

 価してもらう。

③小説出版の合意にこぎつける。

以上の①~③までの流れを実現させる

のが目標となります。

 

本来は、小説を完成させるまでのステ

ップもいくつか区分けして、各ステッ

プ毎に具体的な期限を定めているので

すが、あまりにも細かくなるので、今

回の記事では省略させていただきます。

 

ストーリーのプロットと同じで、スト

ーリー制作のタイムスケジュールにも

鋳型を作り、あえてそこに落とし込む

ことで、しっかりとした小説が仕上が

るのではないかと仮説を立てていると

ころです。

 

とりあえず、時間がそんなにあるわけ

ではないので、具体的な期限までに小

説の第一稿を仕上げてしまおうかと考

えております。

 

本日はこのへんで。

本日もご覧くださりありがとうございました!!

 

シュンシュン(^^