読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病ニート うつを脱却し、億万長者になる!?

このブログは、うつでニートな中年男性が、億万長者に弟子入りして、億万長者を目指すドキュメントです。うつ病減薬・断薬記も記載。

2017年という、大きな山

 

 

どうも、シュンクボです。本日もご覧くださり

ありがとうございます!

 

昨日は霊能師坂田さん(仮名)に連れられて、

彼が属するプレス会社の忘年会に参加いたしま

した。

 

1次会にご参加された皆さまには、不躾なそそ

うと態度をシュンクボが取り続けてしまったこ

とを、この場を借りてお詫びいたします・・・

坂田さんに皆さまへのお詫びを兼ねたメールを

お送りしたので、関係者の方は彼にお問い合わ

せください。

 

と、内輪の話ばかりしてもしょうがないので、

昨日感じたことをたとえ話で書いてみようかと

思います。

 

愛読者の方はご存知の通り、僕は今年の7月か

向精神薬の減薬に取り組み、いろいろ大変な

思いをしながらも、10月の半ばに完全断薬し、

11月にはほぼ普通の状態に戻りました。

 

昔は薬の副作用でバカみたく眠っていましたが、

今では多くて1日7時間寝ればパッチリ目が覚

めます。ホント、それまでのダル重い生活がま

るで嘘のようです。

 

ただ、メンヘラ克服という大きな山の頂に立ち、

そのあまりの解放感に調子づいた僕は、すっか

り成功者気取りになってしまい、もう何でもで

きる的な感覚に浸ってしまいました。

 

その状態のヤバさに気付いた我が導師オカマ坂

田は、プレス会社の忘年会で厳しい態度に出ま

す。「シュンクボはお山の大将のつもりでいる

けど、そんなんで満足されちゃ困るんだよ!」

的なことを言いながら、僕を前よりもさらにド

デカイ山のふもとに連れて行って突き放します。

 

急に突き放された僕は、緊張し、動揺し、それ

に耐えられなくなって、挙句の果てには心を閉

ざし、ふてくされてしまったというわけです。

 

すっかりしょげてしまったシュンクボは、オカ

マ坂田がトイレに行った隙に、おざなりな挨拶

を他の参加者にした後で、ドラクエのはぐれメ

タルの如くその場を去り、エレベーターで階下

に乗って下に向かおうとしますが、エレベータ

ーを待っている間に、勘のいいオカマ野郎につ

かまってしまいました!

 

「どこいくの~? 逃がさないからね♡」

と、坂田さんは僕の首根っこをつかみ、エレベ

ーターに乗り外に出ると、新宿のゲイが集うバ

ーに連れて行って、そこでもまたドデカイけわ

しい山に上ることを力説し、「ここも険しい山

の一部だからね♡」と言いました。まもなく、

プレス会社の人たちが合流して、「コミュ障の

シュンクボ君。彼らとちゃんと話しなさい♡僕

はこの後予定があるから」と言って、僕を置き

去りにして、初めて会う人たちのもとへ僕を放

り出しました。

 

どうにかこうにか会社の方々と話すと、彼らに

連れられてまた店を出て、別の店にいる坂田さ

んに再度合流し、そこで無理やりダンスを、

会社の方々や見知らぬ正真正銘のゲイの外人

と踊るはめになり、朝4時くらいまで踊ったり

飲んだりを繰り返しました。閉店後にタクシー

で坂田さんの自宅に連れられて、やっと寝れる

かと思えば、朝食だからとなぜかお肉を食わさ

れ、その間も「マナーがなっとらん。シュンク

ボのやっていることは中2レベルだ」的なヤジ

が飛び、やっとベッドに寝入ろうとした時には

不安と恐怖で興奮状態になって眠れず・・・。

 

やっと坂田宅を出た時には、もう8時前でした。

 

坂田さんはこんなことを言いました。

「連れられてる、とか無理やり踊らされてるとか、

~されてる、ていう感覚でいるみたいだけど、違う

からね! 自分で選んでここに来てるの! その自

覚を持とう!」

 

自分で考え、自分で判断し、自分で選択する。

2017年は、2016年よりもっと大きな山に直

面するようです・・・。

 

本日はこのへんで。

本日もご覧くださり、ありがとうございました!

シュンシュン(^^