読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病ニート うつを脱却し、億万長者になる!?

このブログは、うつでニートな中年男性が、億万長者に弟子入りして、億万長者を目指すドキュメントです。うつ病減薬・断薬記も記載。

ジムのトレーナーとの面会

 

 

こんにちわ、シュンクボです。

いつもご覧くださり、ありがと

うございます。

 

引っ越しのアルバイトで、と

うとう腰痛になってしまったシ

ュンクボ。引っ越しの採用管理

者さんのアドバイスで、ストレ

ッチや運動を取り入れることを

決意するものの、どうしていい

かわからず、サウナ通いに利用

しているスポーツジムのスタッ

フに電話で聞いてみることにし

た。

 

スタッフに電話して腰痛の相談

をしてみると、腰痛改善のスペ

シャルトレーナーが何人かいて、

パーソナルトレーニングをして

くれるそうである。ただ、パー

ソナルトレーニングは有料なの

で、まずはトレーナーと面談し

てみてはどうかと提案された。

初回面談は無料らしい。僕はそ

の日のうちに面談を申し込んだ。

 

ジムのトレーニングルームに足を

運ぶと、僕と目を合わせてくるス

ポーツマンがいた。

「シュンクボさんですか?」

「はい」

「初めまして、トレーナーの宍戸(仮名)です」

 

宍戸さんは、現在の腰痛の状態に

ついて詳しく尋ねるだけでなく、

引っ越しの業務のことや、今まで

の健康管理などについてもそれな

りに聞いてきたので、僕もそれな

りにスラスラ答えた。ちょっと前

まで精神安定剤を飲んでいたこと

もはっきり伝えた。

 

宍戸さんの僕に対する率直な印象

としては、まず、年齢の割に健康

に対する意識がかなり高いことに

驚いたのだという。普通、30代

前半で健康管理に気を遣おうとす

る人なんて、スポーツでもやって

ないかぎりほとんどないそうだ。

あと、自分の状態を客観的に分析

する姿勢にも驚いたのだという。

 

宍戸さんは、学生時代はテニスを

やっていたそうで、高校の時に関

東大会に出場した実績がある。大

学ではスポーツ科学を学び、卒業

後は医学関連の研究員となって修

行を積み、現在ではテニスの指導

者をやりながら、こうしたパーソ

ナルトレーニングのトレーナーを

やっているのだという。表向きは

明るくちゃんと接してくれるし、

間違いなく身体感覚や健康管理の

意識は僕より高そうなので、宍戸

さんに師事することにした。

 

ただ、パーソナルトレーニングの

料金がバカにならないことにまも

なく気づく。最初は1時間のトレ

ーニングを週1の間隔で2か月進

めていくと言われた。1時間のト

レーニングは6千数百円する。回

数券で多少安くなるが、それでも、

8回分で5万円近くかかってしまう。

正直これには冷や汗が出かかった。

まあ、マンツーマンだからそれく

らいかかるのは考えてみれば当た

り前だが、う~ん、懐の事情が厳

しくなるなあと焦りを感じてしま

った。徐々にトレーニングの頻度

は進捗状況に応じて減っていき、

無事課題を全てこなせたら晴れて

卒業らしいのだが、果たして課題

をこなせるかどうか。

 

他にも、場合によってはトレーニ

ングに必要なものを随時購入しな

ければならないことをほのめかさ

れ、それなりに前途多難なやりく

りが強いられることは見て取れた。

 

予定も木曜の午前中か金曜の午前

中のうちどちらかしかないそうで、

まあ基本的に僕が宍戸さんに合わ

せなきゃならない感じだ。

 

木曜に予約をとって解散となった

が、着替えを済ませてロッカーを

出たら、宍戸さんが待ち構えてい

て、「すいません。実は、パソコ

ンを見たら木曜は予約が入ってし

まっていて、来週だけ金曜にして

いただけませんか?」と言われた。

 

予定は空いていたので特に問題は

なかったが、これからもだいぶめ

んどくさいことが起こりそうだな

と思った。ただ、霊能者の坂田さ

ん(仮名)の時も、めんどくさい

なと思いながらエクササイズをこ

なし、坂田さんの都合で予定を変

更しなければならないことも何度

かあったから、出だしはこんな感

じの方が逆にいいかなと、ポジテ

ィブに考えることにした。

 

それにしても、さしあたり腰の痛

みがキツイ。一度整形外科にいっ

て状態を詳しく診てもらったほう

がいいと考えたが、あいにくその

日は行きつけの通いやすい整形外

科が休診日だったので、翌日通う

ことになった。

 

本日はこのへんで。

ご覧くださり、ありがとうござい

ました!