読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病ニート うつを脱却し、億万長者になる!?

このブログは、うつでニートな中年男性が、億万長者に弟子入りして、億万長者を目指すドキュメントです。うつ病減薬・断薬記も記載。

昨日のこと

 

 

昨日、お世話になっている億万

長者の家にお邪魔した。

 

家といってもマンションの賃貸

だ。とは言え、都心へのアクセ

スが便利な、分譲で買えば1億

5000万の価値がある高層マ

ンションである。

 

そこに、5人招かれてしばらく

話をした。

 

僕のようなニートでコンサルを

受けている気違いは稀で、他の

4人はちゃんとしている。一人

は引っ越し会社を経営している

社長、二人目はフリーで転売ビ

ジネスをしている人、三人目は

サラリーマン、四人目は青森か

ら来た学生。

 

いろいろな話題をしたけれど、

ビジネスの話ともなると、やっ

ぱり自営業である程度成功して

いる一人目と二人目の人たちが

億万長者さんと盛り上がる。他

の三人はかなり黙っていること

が多い。というか、昨日は特に

自営業の二人を中心に会話が展

開していった感じだ。

 

この状況を不公平だとはあまり

思わない。ただ、億万長者さん

と自然に盛り上がりながら仲良

くなっていく様子が、昨日は顕著

に彼らを見て感じられたので、

そんな彼らが正直うらやましい

と思った。

 

ただ、少なくとも、

今の僕が彼らと同じメリットを

億万長者さんから享受しようと

思えば、ここ数か月間築き上げ

てきたもののバランスが崩れる

ことは間違いなかった。だから、

僕はほとんど求めようとしなか

ったし、その結果、ほとんどし

ゃべらなかった。

 

そんな僕の様子をさり気なく見

ていた億万長者さんは、「シュ

ンクボっち、またね」と声をか

けてから、「玄関に脱いである

靴、きちんと揃えるといいよ。

全部つながってるからさ」と珍

しくアドバイスをしてくれた。

 

そんなわけで、僕は、自宅にし

ろ、訪問宅にしろ、玄関に脱い

だ靴は、きちんとかかとを揃え

ることを、終生続けようと決意

したのである。

 

本日はこのへんで。