うつ病ニート うつを脱却し、億万長者になる!?

このブログは、うつでニートな中年男性が、億万長者に弟子入りして、億万長者を目指すドキュメントです。うつ病減薬・断薬記も記載。

なぜトーマス・マンが嫌いか? (霊能者の宿題を踏まえ⑧)

 

 

どうも、シュンクボです。

本日のお題は、

「僕はなぜトーマス・マンが嫌いか?」

です。

 

20世紀前半にヨーロッパを中心に活躍

したドイツの作家トーマス・マン。文

学にあまり興味がなくても、名前くら

いは皆さんご存知のはず。代表作であ

る「魔の山」なんかは、古典的名作と

して世界文学史の中で位置づけられて

います。

 

この作家の長編小説は、概して、非常

に長く、しかも、決して読みやすいと

は言えません。にもかかわらず、トー

マス・マンの小説は当時非常に売れて

いました。ドイツ文学の過去で言えば、

かの有名なゲーテの詩や小説より売れ

ていたとも言われています。トルスト

イやヘミングウェイ以上に彼が出版し

た本は人気があったと言えるでしょう。

 

なのですが、僕はトーマス・マンのこ

とがあまり好きではありません。特に、

人間的な面で。今日は、それをちょっ

と深く探っていきたいと思います。

 

Q1:なぜ嫌いか?

A1:とんでもないエゴイストだから。

A2:文章が退屈。

A3:性悪の人間のくせに成功してい

   るから。

 

Q2:なぜ彼をエゴイストだと思うのか?

A1:自分の姉が自殺しても、ほとんど

   悲しまなかったどころか、「勝手に

   死なれて迷惑だ」的な内容の手紙を

   友人に宛てて書いた。

A2:第一次大戦中家族がひもじい思いを

   している時に、一人だけ満足な食事

   を優先的に得ていた。

A3:賞賛だけ都合よく受け入れて、批判

   的な意見や記事には、過剰な拒否反

   応を示した。

A4:自分の子供たちの中で、ひいきする

   子としない子を露骨に線引きしてい

   た。

 

次は、トーマス・マンのことから、僕自身

のことに焦点は移ります。

         ⇩

Q3:なぜ性悪な人間が成功してはいけな

   いのか? 逆に言えば、なぜ人格者

   しか成功してはいけないと思ってい

   るのか?

A1:「テレビで人格的に問題のある行動を

   起こした人は、芸能界で長いこと生き

   残る可能性は低い」的なコメントをバ

   ラエティ番組などで言っている大御所

   芸能人の発言を無意識に真に受けてし

   まった(?)

A2:仏教的な因果応報の観念や、ジェーム

   ズ・アレンの「原因と結果の法則」な

   どの影響で、良いことをしたらよい結

   果が起こるに違いない。むしろ、起こ

   らなければならないと思っているから。

 

           ⇩

 

考察:成功している人は、闇の側面や負の側面

   を単に表に出そうとしないだけで、実際

   にはそうした側面も併せ持っている。要

   するに、物事の表面だけを見ていたから

   このような観念を持つに至ったのか(?)

 

今日はこのへんで。