うつ病ニート うつを脱却し、億万長者になる!?

このブログは、うつでニートな中年男性が、億万長者に弟子入りして、億万長者を目指すドキュメントです。うつ病減薬・断薬記も記載。

めんどくさいおもてなし

 

 

昨日、会う約束をした中国人女性と

渋谷で会った。金曜日の夕方の渋谷

は悲惨なくらい混んでいて、こりゃ

もしかして合流できないんじゃない

かと思ったが、何とか待ち合わせる

ことができた。

 

おもてなしをするために事前にいく

つかの店をリサーチしたのだったが、

僕は渋谷駅周辺の地理はそれほど詳

しくなく、彼女との会話に気をとら

れて、すっかり道に迷ってしまった。

 

店を探そうと僕が会話を中断して歩

くと、中国人女性は「この店でいい

ですよ」と英語で言った。

 

そこは居酒屋和民だった。

 

店に入り、メニューを注文し終え、会話の

続きをしようとするも、英語で話すもんだ

から、微妙なニュアンスはおろか、まとも

な表現や単語すら思い浮かばず苦慮する。

こっちは中国語が話せず、向こうも日本語

がほとんどわからないから全部英語。これ

がめんどくさいのだ。

 

午後9時をまわると、しだいに睡魔が襲っ

てきて頭もろくに働かない状況になってき

た。僕は英語で「眠い」「だるい」を連呼

した。だが、それでも昔いた彼女の話やら、

東京と大阪のメンタリティーの違いだとか、

非常にありがちでお粗末な会話を1時間

くらい続けた。

 

10時に和民を出る。もう帰ろうと思って

いると、「11時まで時間があるからTSU

TAYAに寄ろう」と彼女が英語で言ってきた。

この女は、人が疲れていることを知りながら、

TSUTAYAなんかに寄ろうと言うのか、と今

になって思うのだが、僕は眠かったので何も

言い出せず、黙ってTSUTAYAに入った。

 

だが、やっぱり帰りたかったので、彼女が音

楽を店のヘッドフォンで聞いている隙に、店

を抜け出してそのままフェードアウトした。

 

さらば異文化交流。

僕はこんなつまらないおもてなしは二度とし

ない。というか、おもてなし自体するまい。

彼女に会ったということだけで、とりあえず

満足だ。彼女にも二度と会うまいが。