うつ病ニート うつを脱却し、億万長者になる!?

このブログは、うつでニートな中年男性が、億万長者に弟子入りして、億万長者を目指すドキュメントです。うつ病減薬・断薬記も記載。

億万長者に出会って

どうも、シュンクボです。

記念すべき第3回は、

「億万長者に出会って」

です。

 

僕は今年、人生ではじめて億万長者という人種と知り合いました。

去年、ユーチューブをきっかけに彼の存在を知り、年明けに

彼が時たま主催するお茶会に参加できるとわかったので参加しました。

 

場所は東京の某ホテルのラウンジ。

その億万長者と会うために、僕のほかにも数名お茶会に来ていました。

周りの人たちとどうしゃべったものかわからずじっと座っていると、

彼がいよいよやってきました。髪はカラーリングされていましたが、あとは少しも着飾った格好ではなく、むしろカジュアルでラフな服装をしていました。

 

ユーチューブでしか見ていなかった彼の姿を生で見るのは感動しました。

というより、めちゃくちゃ緊張したのを覚えています。

なんせ、すぐ目の前にいるのに、僕の方からは、話しかけることはおろか、ちゃんと目を合わせることすらできなかったのですから。

 

「お茶会なんで、まあ気楽に」と優しい笑顔で言われたのを覚えています。

実際、彼曰く、お茶会を始めた当初は、ビジネス相談やら人生相談やらに一生懸命答えようという姿勢でいたらしいのですが、最近はそんなに構えなくてもいいかという気になって、気楽な談笑を心がけているそうです。

 

初めて会った時は、健康の話とか、アガスティアの葉のこととかが話題になりました。

僕が印象に残っているのは、その億万長者の知り合いの元仕事仲間の話でした。

その元仕事仲間は、億万長者の方とネットワークビジネスをしていた20代の時は、愚痴や不平不満ばかり並べ立てて仕事をろくにしないような人でした。

 

当時関わっていた億万長者さんも、「こいつ、どうしようもねえクズだな」と当時は思っていたそうです(笑)。結局、その人は、ネットワークビジネスからは撤退し、ヤフーオークションで身の回りにあるものを転売しながら、なんとか日々を生きていたそうな。

 

そんなどうしようもない彼ですが、転機が30代前半に訪れます。

なんと、そんなどうしようもない彼に、彼女ができるのです!

彼はよっぽど嬉しかったらしく、周りの知り合いに自慢してまわります。

 

ところが、しばらくして彼は、飽きられたのか、彼女にあっさり振られます。

その時のことがよほど悔しかったのか腹にすえかねたのか、彼は「よし、俺はモテるようになって、彼女を見返してやる!」と決心したそうです。

 

彼がモテるために始めたのが出会い系でした。サクラにはめられたり、援助交際目的の女性に引っかかったりを繰り返しながら試行錯誤を重ね、徐々に結果を出せるようになってくると、出会い系サイトにわざわざお金を支払うのがバカバカしいと思うようになり、自分で出会い系サイトを構築してテクニックやノウハウを公開するようになります。

 やがて、美女と出会う頻度も、落とせる確率も格段に上がっていき、本当にモテるようになっていくと、「もう充分だ。俺はやりきった」と考え、出会い系を卒業します。

 

その後まもなく、もともと知り合いだったウェブコンサルタントから、「出会い系で培った経験、お金にできるんじゃない?」と言われ、趣味の旅行をテーマにしたブログアフィリエイトを構築し、月150~200万円の収益を上げるまでになります。

 

彼の成功譚はまだ終わりません。友人と屋久島に旅行に行った時のこと、屋久島に向かうべく乗った船の中に、とんでもない美女が相乗りしていることがわかるや、「俺、あの子口説いてくるわ」と言い出して、速攻でその美女をナンパします。

 すぐに接点を持ち、屋久島で仲を育んだ後、彼はその美女が住んでいる九州に引っ越し、まもなく二人はめでたく結婚してゴールイン、というわけです。

 

「まあ、世間からどんなクズと言われようと、何かをきっかけに人は変われるもんだよ」ということなんでしょう。

 

話が長くなりました。次回は、億万長者と二回目にお茶会をしたことがきっかけで起こる、運命の出会いについてお伝えします。